So-net無料ブログ作成

松井秀喜 スタップ細胞 小保方晴子 [先端学術]

 アメリカ滞在の松井秀喜さんのコラムが、北國新聞、北陸中日新聞に載っています。

 ひとつひとつの文章が、宝物のようです。

 今回は、通訳のロへリオ・カーロンさんについて書いてあります。
 ロへリオ・カーロンさんは、日本育ちで、インド人の父とフィリピン人の母を持ち、米国の大学で学び、米国籍を持つ方です。


 松井秀喜さんの成功の要因の一つは、この通訳の方により、アメリカ野球に入ったことによる。 とのことです。
 
 スタップ細胞の議論をするとき、「ハーバード大学が主であった共同研究である」との視点を外すと、大きな外交問題になると思われます。

 松井秀喜さんの成功例から、国際的な視点と世界に通じる方法や技術が重要であると考えます。
 
 松井秀喜さんの成功例をモデルとして、徹底研究しながら、TPPや今回のスタップ細胞問題をとらえれば、解決はそれほど難しくないと考えます。

 現実には、日本の内閣の政策や外交、今回のスタップ細胞に対する文部科学省の対応は、松井秀喜さんの成功例をモデルに、進めているように思われます。
















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。