So-net無料ブログ作成

笹井芳樹 死亡 再生医療  [先端学術]

 笹井芳樹先生死亡により、日本の再生医療は決定的打撃を受けるだろう。

 世界的経済者、故森嶋通夫ロンドン大学教授の指摘である。
 1956年、尾高朝雄東京大学法学部教授が56才でペニシリンショックで亡くなった。未来の政治学科の理論的支柱を失った。 このことで、当時の東京大学法学部は空になってしまった。

 優れた研究者は、それ程貴重なものである。
 笹井芳樹先生は、まだ52才であった。

  今回のスタップ細胞の騒動は、匿名ブログと匿名サイトの指摘に、理化学研究所、マスコミ、一部の研究者が反応したことによるものである。
 ノーベル賞を受賞した山中伸弥京大教授でさえ、匿名サイトで名を挙げられていた。

 ほとんどの学術研究者は、笹井芳樹先生と小保方晴子博士を支持しているはずである。

  笹井芳樹先生の会見をニコニコ動画で当日視聴しました。
  現代科学は、仮説を証明する過程でしか成り立たないことを前提に、スタップ現象が有力な学説であることを 繰り返し述べられています。
  理化学研究の組織の一員として、スタップ細胞の論文に参加した立場を説明されていました。

  
  高峰譲吉博士の創立した理化学研究所と現在の理化学研究所は、全然違った組織であるように思われます。
  

   取り返しのつかないことが、起きたのです。

















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。