So-net無料ブログ作成

東京五輪 現況 武藤敏郎 [東京五輪]

7月24日北國新聞に、武藤敏郎東京五輪事務総長(元大蔵事務次官、元石川県総務部長)のインタビューが載っています。


組織は、今年中に200人を越え、ほぼ完ぺきな体制ができた。
最終的には、3000人体制になる。

6月中旬に来日したIOCのコーツ委員長から、進捗状況に高い評価を得た。

会場計画の見直しは、招致段階で見えていなかったことが新たに見えてきたとき、望ましい方向に変わるのなら見直してもいい。数か月のうちに結論を出さなければならない。

どこで開かれても災害のリスクは低くない。防災思想の世界普及は一つの役割である。

有形の遺産とともに、社会的インパクト、文化的インパクトなど無形の遺産にも関心が集まっている。

競技が感動的であることは重要である。
日本の経済、社会が次の段階に移っていく重要なチャンスである。
日本のグローバル化は完全でない。海外から来た人が日本で経済活動して日本自身が潤うこともあるはずだ。日本が本当に開かれた国家になるため一つの転機かもしれない。



東京五輪準備の現況、課題が簡潔に述べられています。
ウクライナでのマレーシア旅客機撃墜をみても、緊迫している世界情勢のなか、東京五輪開催による世界平和への貢献の重要さを感じます。










nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

松井秀喜 スタップ細胞 小保方晴子 [先端学術]

 アメリカ滞在の松井秀喜さんのコラムが、北國新聞、北陸中日新聞に載っています。

 ひとつひとつの文章が、宝物のようです。

 今回は、通訳のロへリオ・カーロンさんについて書いてあります。
 ロへリオ・カーロンさんは、日本育ちで、インド人の父とフィリピン人の母を持ち、米国の大学で学び、米国籍を持つ方です。


 松井秀喜さんの成功の要因の一つは、この通訳の方により、アメリカ野球に入ったことによる。 とのことです。
 
 スタップ細胞の議論をするとき、「ハーバード大学が主であった共同研究である」との視点を外すと、大きな外交問題になると思われます。

 松井秀喜さんの成功例から、国際的な視点と世界に通じる方法や技術が重要であると考えます。
 
 松井秀喜さんの成功例をモデルとして、徹底研究しながら、TPPや今回のスタップ細胞問題をとらえれば、解決はそれほど難しくないと考えます。

 現実には、日本の内閣の政策や外交、今回のスタップ細胞に対する文部科学省の対応は、松井秀喜さんの成功例をモデルに、進めているように思われます。







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。