So-net無料ブログ作成

スタップ細胞 アメリカの怒り リコール [先端学術]

 スタップ細胞での小保方晴子博士を侮辱する、マスコミ、科学ジャーナリストは、アメリカの怒りに気付かない。

 小保方晴子博士を侮辱することは、ハーバード大学のバカンティ教授とそのチームが、長期間かけ研究してきたアメリカの世界的実績を、侮辱することになる。

 この怒りがアメリカでの、タカタのエアバッグリコール騒動を、生んでいるのだろう。

 確実にホンダ、トヨタなどの日本の自動車産業まで影響が出て来るだろう。


スタップ細胞 理化学研究所 相沢慎一   [先端学術]

きょう、ニコニコ動画で理化学研究所のスタップ細胞の会見を見ました。

「検証の条件では、再現はできなかった。」が結論でした。

長い歴史のある再生医療。しかも最先端の科学です。与えられた条件、時間では、正しい検証と思います。

相沢先生、丹羽先生、清成先生の厳密な説明でした。

 説明では、「スタップ現象に似た現象は、確かに存在するが、それが必ずしもスタップ現象とはいえない。」という正確な解析でした。

 長い歴史のある再生医療。しかも最先端の科学で、「スタップ現象に似た現象は、確かに存在する。」 これだけでも、最先端の研究として素晴らしいと思います。
 これだけの観察は、再生医療を十分に理解していないとできないからです。
 小保方晴子博士の学力を証明しています。


  質問するマスコミ、科学ジャーナリストは、再生医療の先端研究が、おそらくアメリカの軍事秘密まで関係していることに、気付いていないのだろうか。


総選挙 憲法9条 過ち [憲法]

憲法は、法律と違い慣習法である。

立法趣旨と事情変更により、日本国憲法9条は、空文化したとみるべきである。

空文化した憲法9条を守ることに、固執することは、日本を誤った方向に導く。
タグ:憲法9条

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。