So-net無料ブログ作成
先端学術 ブログトップ
前の10件 | -

スタップ細胞 アメリカの怒り リコール [先端学術]

 スタップ細胞での小保方晴子博士を侮辱する、マスコミ、科学ジャーナリストは、アメリカの怒りに気付かない。

 小保方晴子博士を侮辱することは、ハーバード大学のバカンティ教授とそのチームが、長期間かけ研究してきたアメリカの世界的実績を、侮辱することになる。

 この怒りがアメリカでの、タカタのエアバッグリコール騒動を、生んでいるのだろう。

 確実にホンダ、トヨタなどの日本の自動車産業まで影響が出て来るだろう。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スタップ細胞 理化学研究所 相沢慎一   [先端学術]

きょう、ニコニコ動画で理化学研究所のスタップ細胞の会見を見ました。

「検証の条件では、再現はできなかった。」が結論でした。

長い歴史のある再生医療。しかも最先端の科学です。与えられた条件、時間では、正しい検証と思います。

相沢先生、丹羽先生、清成先生の厳密な説明でした。

 説明では、「スタップ現象に似た現象は、確かに存在するが、それが必ずしもスタップ現象とはいえない。」という正確な解析でした。

 長い歴史のある再生医療。しかも最先端の科学で、「スタップ現象に似た現象は、確かに存在する。」 これだけでも、最先端の研究として素晴らしいと思います。
 これだけの観察は、再生医療を十分に理解していないとできないからです。
 小保方晴子博士の学力を証明しています。


  質問するマスコミ、科学ジャーナリストは、再生医療の先端研究が、おそらくアメリカの軍事秘密まで関係していることに、気付いていないのだろうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

笹井芳樹 死亡 再生医療  [先端学術]

 笹井芳樹先生死亡により、日本の再生医療は決定的打撃を受けるだろう。

 世界的経済者、故森嶋通夫ロンドン大学教授の指摘である。
 1956年、尾高朝雄東京大学法学部教授が56才でペニシリンショックで亡くなった。未来の政治学科の理論的支柱を失った。 このことで、当時の東京大学法学部は空になってしまった。

 優れた研究者は、それ程貴重なものである。
 笹井芳樹先生は、まだ52才であった。

  今回のスタップ細胞の騒動は、匿名ブログと匿名サイトの指摘に、理化学研究所、マスコミ、一部の研究者が反応したことによるものである。
 ノーベル賞を受賞した山中伸弥京大教授でさえ、匿名サイトで名を挙げられていた。

 ほとんどの学術研究者は、笹井芳樹先生と小保方晴子博士を支持しているはずである。

  笹井芳樹先生の会見をニコニコ動画で当日視聴しました。
  現代科学は、仮説を証明する過程でしか成り立たないことを前提に、スタップ現象が有力な学説であることを 繰り返し述べられています。
  理化学研究の組織の一員として、スタップ細胞の論文に参加した立場を説明されていました。

  
  高峰譲吉博士の創立した理化学研究所と現在の理化学研究所は、全然違った組織であるように思われます。
  

   取り返しのつかないことが、起きたのです。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

松井秀喜 スタップ細胞 小保方晴子 [先端学術]

 アメリカ滞在の松井秀喜さんのコラムが、北國新聞、北陸中日新聞に載っています。

 ひとつひとつの文章が、宝物のようです。

 今回は、通訳のロへリオ・カーロンさんについて書いてあります。
 ロへリオ・カーロンさんは、日本育ちで、インド人の父とフィリピン人の母を持ち、米国の大学で学び、米国籍を持つ方です。


 松井秀喜さんの成功の要因の一つは、この通訳の方により、アメリカ野球に入ったことによる。 とのことです。
 
 スタップ細胞の議論をするとき、「ハーバード大学が主であった共同研究である」との視点を外すと、大きな外交問題になると思われます。

 松井秀喜さんの成功例から、国際的な視点と世界に通じる方法や技術が重要であると考えます。
 
 松井秀喜さんの成功例をモデルとして、徹底研究しながら、TPPや今回のスタップ細胞問題をとらえれば、解決はそれほど難しくないと考えます。

 現実には、日本の内閣の政策や外交、今回のスタップ細胞に対する文部科学省の対応は、松井秀喜さんの成功例をモデルに、進めているように思われます。







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

金沢大学病院教授書類送検 [先端学術]

金沢大学病院教授書類送検

金沢大学病院教授が化学療法ミスで書類送検、の記事が北陸中日新聞で1面報道された。

石川県警金沢中警察署が送検したとのことである。

事案が、非常に重要なので、市議会、県議会、国会などで早急に取り上げなければならない。
警察が、ご家族の告発を受け、医療を判断するという、重要な問題である。


石川県の医療、教育、経済が影響受ける、重大な事案である。

石川県の宝である、金沢大学の医師を守らなければならない。
世界に誇る、石川県の医療を、守らなければならない。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

金大渡邊教授 新病院開院パーティー [先端学術]

金大附属病院渡邊教授 新病院開院パーティ


金沢大学附属病院渡邊剛教授が5月3日、東京で新病院開業パーティーを開いたとの北国新聞の報道がありました。


新病院の名前は、ニューハート・ワタナベ国際病院という名前です。
場所は東京の杉並区です。

年間2000例の手術をこなしたい、とのことです。

パーティの参加者には、馳浩国会議員、田中博人県会議員が参加しています。

他には、羽生田俊国会議員、竹中平蔵慶大教授などがおいでます。

ご活躍をお祈りします。




小保方博士 早稲田大学 先進理工学部 は優れていた [先端学術]

 たまたま インターネットでブログ(東大生ブログ 本郷三丁目日記)を読んでいたら、早稲田大学先進理工学部応用化学OBの女性でした。

 早稲田大学先進理工学部応用化学では、とても厳しい学問的躾がされている状況が書かれていました。

 小保方晴子博士は、厳しいトレーニングを受けているのです。
 また、後輩を厳しく指導していたのですね。


 研究の秘密を守ることは、最も重要な約束の一つです。
 
 環太平洋連携協定(TPP)交渉の困難さをみると、日米間の知的秘密の守秘義務のため、小保方晴子博士は、発表、発言に、ひどく苦しんでいるのでしょう。


 小保方晴子博士を、応援してあげましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

金大 渡邊剛教授 辞職 [先端学術]

金沢大学の渡邊剛教授が辞職するとのこと。

スタッフを連れて、東京で開業とのこと。

東京の方が仕事がしやすいのでしょうか。



タグ:渡邊剛

スタップ細胞 ハーバード大学 バガンティー教授 来日  [先端学術]

ハーバード大学バカンティ教授来日

ハーバード大学のチャールズ・バカンティ教授が来日して、 国際会議(第18回世界気管食道科学会議)に参加しているとのこと。

世界最先端の研究者と、先端から少し離れた日本の多くの研究者との視点の違いを、スタップ細胞論争のコメントを読むとき必要と考えます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

理化学研究所  笹井芳樹副センター長  会見 [先端学術]

理研笹井芳樹副センター長会見は、日本の科学の現況を示します。

笹井芳樹副センター長は、オリンピックの金メダリストと同じ業績であります。

日本の誇りとして、守らなければいけないと思います。
前の10件 | - 先端学術 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。