So-net無料ブログ作成

松井秀喜 スタップ細胞 小保方晴子 [先端学術]

 アメリカ滞在の松井秀喜さんのコラムが、北國新聞、北陸中日新聞に載っています。

 ひとつひとつの文章が、宝物のようです。

 今回は、通訳のロへリオ・カーロンさんについて書いてあります。
 ロへリオ・カーロンさんは、日本育ちで、インド人の父とフィリピン人の母を持ち、米国の大学で学び、米国籍を持つ方です。


 松井秀喜さんの成功の要因の一つは、この通訳の方により、アメリカ野球に入ったことによる。 とのことです。
 
 スタップ細胞の議論をするとき、「ハーバード大学が主であった共同研究である」との視点を外すと、大きな外交問題になると思われます。

 松井秀喜さんの成功例から、国際的な視点と世界に通じる方法や技術が重要であると考えます。
 
 松井秀喜さんの成功例をモデルとして、徹底研究しながら、TPPや今回のスタップ細胞問題をとらえれば、解決はそれほど難しくないと考えます。

 現実には、日本の内閣の政策や外交、今回のスタップ細胞に対する文部科学省の対応は、松井秀喜さんの成功例をモデルに、進めているように思われます。







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スタップ細胞 小保方晴子博士 東京五輪  [スタップ細胞]

スタップ細胞 小保方晴子博士 東京五輪 


小保方晴子博士のスタップ細胞論文は、一旦撤回することになる、との報道です。
理化学研究所や共同研究者からの、一旦撤回しては、との勧告からです。

しかし、中松義郎博士(ドクター中松氏)によれば、最先端の論文の書き方として、小保方晴子博士の論文は、認められる書き方とのことです。
現在の、世界最先端の論文では、「重要な点を書かない。」という現実です。
これは、すべてを書いてしまうと、特許権に決定的に不利になるから、とのことです。

これで、小保方晴子博士が、「こつ」を、発表できない理由が、わかりました。
世界的研究機関である、ハーバード大学との、秘密があるのでしょう。

 今後は、東京五輪の枠組みに習って、知的財産担当相によって、国家プロジェクトとして、小保方晴子博士とハーバード大学をバックアップし、スタップ細胞の研究を進める必要があると思われます。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

金沢大学病院教授送検~死因究明担当相設置について [医療過誤]

金沢大学病院教授送検~死因究明担当相設置について

死因究明担当相が設置されるとの報道が、今朝の北国新聞、北陸中日新聞に載っています。

死亡原因究明を、遺体解剖や死亡時画像診断に、矮小してはならないのです。

今回のような告訴と書類送検が、どんな背景でうまれ、どんな影響をうけるかを、書類送検までに関わったものすべてを、国会に集め、検証しなければならない事案です。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

金沢大学病院教授書類送検 [先端学術]

金沢大学病院教授書類送検

金沢大学病院教授が化学療法ミスで書類送検、の記事が北陸中日新聞で1面報道された。

石川県警金沢中警察署が送検したとのことである。

事案が、非常に重要なので、市議会、県議会、国会などで早急に取り上げなければならない。
警察が、ご家族の告発を受け、医療を判断するという、重要な問題である。


石川県の医療、教育、経済が影響受ける、重大な事案である。

石川県の宝である、金沢大学の医師を守らなければならない。
世界に誇る、石川県の医療を、守らなければならない。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

森元首相 東京五輪 母校 浅田真央 [東京五輪]

 森元首相が母校で講演

 森喜朗元首相 東京五輪組織委員長が、母校二水高校で講演された、との北国新聞、北陸中日新聞の記事(5月17日)が載っていました。

 このとき、浅田真央さんの転倒に関しての質問が出された、という内容がありました。
 森元首相の福岡市で行われた,浅田真央さんの転倒の発言のあった講演内容は、インターネットで閲覧できました。
 森元首相のご指摘は、非常に重要なことです。
 オリンピックに向け長期間のかけて積み上げて来た練習成果が、予期しない団体戦に出場することで、どれだけ悪い影響を受けるか。競技者でなくともわかると思います。しかも浅田選手は、断れない立場であったと思います。

 また、フィギュアスケート団体戦入賞のために、日本にゆかりがあるとはいえ、アメリカ居住の人を、しかも最高水準に達していない選手を選んだことに、疑問を呈しています。
 森元首相は、日本体育協会会長を6年間されています。国民体育大会の問題点を、ご自身のブログに載せられています。国民体育大会の種目にトランポリンなど新しい競技が入っていない現実。開催地優勝至上主義の弊害など問題の本質を衝いています。

  転倒に対して森元首相の講演に対する一部の新聞などの報道は、発言の一部を切り取る、という報道としての禁止事項に抵触しているように思えます。以前の、神の国発言の報道を含め悪意を感じます。

  2020年東京五輪は、日本再構築の絶好の機会です。
  事実上5年しか準備期間がありません。また、最善の準備をしても、開催中の小さな思惑で、すべて台無しになる可能性まであることを、森元首相は教えているように思われます。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

森喜朗  東京五輪  組織委員長  インタビュー [東京五輪]

東森喜朗東京五輪組織委員長インタビュー

今朝の北国新聞に、
森喜朗東京五輪組織委員長のインタービュー記事が載り、 興味深い。

1 ようやく、自分のハンドルさばきで、やれるようになった。

2 自治体は1千万人の海外の人を、どう引っ張っていくか、が重要である。

3 東京五輪は、日本を再構築できる機会となる。

4 事実上5年しか準備期間がない。

 その他、ご自身の近況なども述べられ、石川県民への貴重なメーセージでした。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

金大渡邊教授 新病院開院パーティー [先端学術]

金大附属病院渡邊教授 新病院開院パーティ


金沢大学附属病院渡邊剛教授が5月3日、東京で新病院開業パーティーを開いたとの北国新聞の報道がありました。


新病院の名前は、ニューハート・ワタナベ国際病院という名前です。
場所は東京の杉並区です。

年間2000例の手術をこなしたい、とのことです。

パーティの参加者には、馳浩国会議員、田中博人県会議員が参加しています。

他には、羽生田俊国会議員、竹中平蔵慶大教授などがおいでます。

ご活躍をお祈りします。




氷見 工場 爆発 について⑵ [事故]

 氷見工場爆発⑵

 富山県警は実況見分に 、 独立行政法人「労働安全衛生総合研究所」の専門家を加える、との報道がありました。


 コマツは、 社外専門家による事故調査委員会をつくるということです。


 多数の検証が入っていることは、非常に望ましいと思います。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

氷見 工場爆発 について [事故]

氷見工場爆発について

4月25日、 コマツキャステックスで爆発事故が起きました。

4月25日の夕方現在、 重体1名、4人が重軽傷です。

溶解炉に酸素を吹き込む工程で爆発が起きた、とのことです。

最近の工場火災、爆発事故は、多く、大きいのです。

富山県警、氷見消防署、労働基準監督署などが、実況見分を開始したとの報道です。

深い検討が必要です。
タグ:爆発 コマツ

小保方博士 早稲田大学 先進理工学部 は優れていた [先端学術]

 たまたま インターネットでブログ(東大生ブログ 本郷三丁目日記)を読んでいたら、早稲田大学先進理工学部応用化学OBの女性でした。

 早稲田大学先進理工学部応用化学では、とても厳しい学問的躾がされている状況が書かれていました。

 小保方晴子博士は、厳しいトレーニングを受けているのです。
 また、後輩を厳しく指導していたのですね。


 研究の秘密を守ることは、最も重要な約束の一つです。
 
 環太平洋連携協定(TPP)交渉の困難さをみると、日米間の知的秘密の守秘義務のため、小保方晴子博士は、発表、発言に、ひどく苦しんでいるのでしょう。


 小保方晴子博士を、応援してあげましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。